通信制高校の基礎知識

通信制高校を卒業するための3つの条件(卒業要件)について

更新日:

通信制高校を卒業するためには、在籍期間と単位に関して3つの条件を満たさなければいけません。

1.3年以上の在籍期間

高校卒業資格を得るために『3年間以上の在籍期間』が必要だと学校教育法で定められています。これは通信制高校も例外ではありません。

編入や転入で通信制高校に入学した生徒は、以前の学校での在籍期間が計上されます。そのため、現在の学校で留年が決まった人でも、通信制高校へ転校すれば留年せずに現役卒業できる可能性があります

【現役卒業できる例】

  • 全日制高校に1年間在籍し、通信制高校に転校して2年間勉強すれば卒業できます。
  • 全日制高校を2年の3月に留年が決まっても、4月から通信制高校へ転校して必要な単位を取得すれば翌年の3月に卒業できます。

2.74単位

卒業するまでに74単位を取得している必要があります。編入や転入で通信制高校に入学した生徒は、以前の学校で取得した単位が計上されます。

単位を取るための流れは下記の通りです。

  • 学校からの定期的な課題をこなす(レポート)
  • スクーリングで担任からの指導を受ける(登校・面接指導)
  • 期末試験(単位認定試験)で基準点以上を取る

課題をこなせなかったりスクーリングを休むと期末テストに参加できなくなります。

3.特別活動30単位

特別活動とは、ホームルームや修学旅行などの行事です。これを卒業までに30単位を取得する必要があります。

条件②の74単位を取得していたとしても特別活動がなければ卒業要件を満たせません。

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-通信制高校の基礎知識

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.