通信制高校の基礎知識

通信制高校の選び方で覚えておきたい3つのポイント

更新日:

通信制高校を選ぶ際のポイントについて解説します。

通信制高校はほとんどが自宅学習を中心ですが、通信制高校ならどこも同じというわけではありません。

特に大切なのが以下の3つです。

  • 学費
  • スクーリングの頻度、通学しやすいどうか
  • 学べる内容、就職や進学に強いかどうか
詳しく見ていきましょう。

1.学費について

学費を最も左右するのが『公立か私立か』です。通信制高校も公立より私立の方が授業料が高く、公立なら3年間で10万円程度ですが、私立では3年間で40万円~150万円程度かかります。

公立はほぼ全てを生徒が自分で学習していくのが基本ですが、私立は授業料が高い分だけサポート体制も充実しています。

2.通学しやすいどうか

通信制高校は、生徒が通学する区域によって『広域通信制高校』と『狭域通信制高校』の2つの種類があります。

広域通信制高校 全国、あるいは3つ以上の都道府県の生徒が募集対象となる
狭域通信制高校 高校所在地と、もう1つの都道府県の生徒が募集対象となる

通信教育で学んでいくのが基本とはいえ、少なくとも年間に20日以上のスクーリングが必要です。通信制高校も通いやすいかどうかは結構重要です。スクーリング頻度も学校によって週1回のところもあれば、週に5日通うところもあります。

3.学べる内容

通信制高校には、様々なコースを設けている学校が多いという特徴があります。

大学受験を目指す進学コースの他、美容や健康などのスポーツコースや、ペットコース、芸術コースなどがあります。

卒業後の進路を見据えて学校を選んでいきたいですね。

サポート校について

通信制高校の学習は生徒が自分で進めていくのが基本です。特に学費が安くスクーリングの少ない学校ほど、学習効果が上がらずに3年間で卒業するのが難しいという状況になってしまいがちです。

そんな時にサポートしてくれるのがサポート校という存在です。サポート校の有無が卒業できるかどうかに大きく影響しますから、サポート校に注目して高校を選ぶのも良いでしょう。

サポート校に入学すると、通学する通信制高校にも同時に入学するのが基本です。中央高等学院は「中央国際高等学校」に、トライ式高等学院は「鹿島学園高等学校」「高松中央高等学校」「日本航空高等学校」の中から選んだ高校の卒業証書を受け取ります。

関連記事:通信制高校とサポート校の関係

通信制高校選びの手順は?

通信制高校を選ぶには、複数の高校からパンフレットを取り寄せて検討しましょう。

ズバット通信制高校比較なら、1分の入力で複数の通信制高校に一括でパンフレットを請求できます。

その後、学校訪問をします。通信制高校では定期的にオープンキャンパスを開催していたり、つねに学校見学を受け付けていることが多いです。

学校の雰囲気をみて、あなたに合っているかどうかを見極めましょう。

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-通信制高校の基礎知識

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.