中学生向け

中学卒業後に通信制高校へ進学することを考えている人へ

更新日:

中学を卒業して通信制高校に進む人は増加傾向にあります。

通信制高校はメジャーな選択肢ではありませんから、進学先として選ぶのにも苦労するしょう。

通信制高校のメリットについてまとめました。

通信制高校は登校日数が少ない

通信制高校は自宅学習が基本ですが、「スクーリング」と言って学校へ登校する日があります。

週1日~月2回の学校が多く、学校によっては年3日~5日くらいにまで減らすことができます。

全日制高校や定時制高校と比べれば登校日数は少ないですが、全く登校しないで卒業するわけではありません。

公立の通信制高校は学費が安い

通信制高校へ進む理由の一つが学費の安さでしょう。

公立の通信制高校なら年間で3万円程度の負担するだけですから、アルバイトのお給料から学費を払うことが出来ます。登校が月2回なので時間の融通もきくため、自分で学費を払いながら卒業を目指せます。

私立の通信制高校も全日制に比べれば学費は安いですが、年間20万円~90万円と学校によって大きく異なります。学費の高い学校はサポートが充実しており、進学や就職に関するカウンセリングもしっかりしています。

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-中学生向け

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.