高校在学中の人向け

不登校がきっかけで通信制高校(単位制高校)へ転校する

投稿日:

全日制高校は単位が取れなければ留年になります。それまで後輩だった人と一緒に授業を受けるのがつらいために、留年してさらに不登校になってしまう生徒はとても多いです。

留年のことを相談できず、一人で悩みを抱えて引きこもってしまい、高校中退へと繋がってしまうケースは少なからずあります。

今の高校を中退しても、通信制高校や単位制高校に入れば高校を卒業することは可能です。留年が決定した時点で通信制高校や単位制高校へ進めば、同級生と同じタイミングで高校を卒業できる可能性もあります。

>>通信制高校の資料を無料で取り寄せる

通信制高校は不登校サポートに力を入れている

不登校になる原因の多くが『人間関係の悩み』です。

通信制高校やサポート校へ進学する生徒のうち、半数近くが不登校の経験を持っています。

そこで知って欲しいのが通信制高校です。多くの通信制高校は不登校で悩んでいる人向けのサポートに力を入れており、学校によってはカウンセラーが常駐していたり、先生全員がカウンセリングの資格を持っています。

学校でやっていることに付いていけなくても、通信制高校はマイペースで勉強できるようなサポートをしているので、自分のペースで高校卒業を目指すことが出来ます。

通信制高校は自宅学習が中心なので、毎日通学する必要がありません

通信制高校は学年という概念がありません。定められた単位を取得すれば卒業できます。

通信制課程で単位を修得する流れは、以下のようになります

・スクーリングに出席する(月に1回~)
・自宅学習が中心でレポートを作成する
・単位取得のための試験を受ける

いわゆる自学自習を基本とするシステムがとられており、学習の中心が自宅学習なので毎日通学する必要はありません。自分の生活にあわせて、自由に通学することができます。

不登校のお子さんをもつ親御さんへ

不登校になったお子さんがいつか登校する日を待つより、少しでも現状が変わった方が安心できるでしょう。

通信制高校は全国各地に存在しているので、お子さんにあった高校を選ぶことができます。

お子さんが不登校になっていて、このままでは3月に留年が決まってしまいそうであれば、通信制高校という選択肢を教えてあげてください。こちらのサイトから通信制高校の資料を無料で取り寄せることができます。

もちろん進路を決めるのはお子さんですから、「あくまでも選択肢の一つとして通信制高校や単位制高校がある」という程度で良いと思います。なにより大切なのは、お子さん自身が自分で決めることです。

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-高校在学中の人向け

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.