高校中退した人向け

高校中退した人はどうすれば良いのでしょうか?考えられる3つの進路について

更新日:

現在、高校を中退する人は年間5万人以上います。自主的に辞める人もいますが、色々な原因があって高校を辞めることになった人も多いです。

  • 授業に追いつけなくなってしまった
  • 周囲の友人から孤立してしまった
  • なんらかの悩みを抱えて学校に通えなくなってしまった(不登校になった)

高校中退したらどうすれば良いのでしょうか?中退したその後の進路について考えてみましょう。

高校中退後の進路は?

高校を中退した人は、次の3通りのどれかに進むことが多いです。

  • アルバイトをする
  • 通信制高校へ編入する
  • 高卒認定試験を受けて、専門学校や大学へ進学する

1. アルバイトをする

高校を中退した後は、とりあえずアルバイトを見つけてフリーターになる人が多いです。私としても、アルバイトをしてみるのはお勧めです。自分で働いてお金を稼ぐのは結構楽しいですよ。

高校を中退すると、最終学歴が高校中退(or中卒)なりますが、アルバイトなら学歴は問題になりません。

なお、高校中退した人が正社員として働こうとしても、書類段階で断られることが多いです。厚生労働省の統計によると、中卒で働いている人の3年定着率は約4割です。3年以内に6割が辞めているということは、よい職場が見つかることは少ないということです。

2. 通信制高校に通う(就職したり、専門学校や大学へ進学する)

高卒資格が欲しかったり、専門学校や大学への進学を考えているなら、通信制高校高卒認定試験という選択肢があります。

高校を中退した人が、他の高校へ入学することを編入と言います。

通信制高校には「学年」という考え方がありませんから、必要な単位を取れば高校を卒業できます。

中退した学校の単位を引き継ぐこともできますから、高校1年の3月に中退した人が翌月(4月)に通信制高校へ編入すれば、同級生と同じ時期に高校を卒業することができます。

>>通信制高校の資料を無料請求できるサイトはこちら

3. 高卒認定試験を受ける(専門学校や大学へ進学する)

高卒認定資格とは、『高校を卒業した人と同じくらいの学力がある』と国から認定された資格のことです。

大学や短大・専門学校の受験資格を得られますし、高卒資格が必要な国家試験も受けられます。

通信制高校に通いながら高卒認定試験を受けることも可能

高卒認定試験も、中退した学校の単位や通信制高校の単位を引き継いで、試験の免除を受けることができます。

通信制高校に通いながら高卒認定試験を受けることで、複数の試験を免除されて高卒認定資格を得ることもできます。

1人で試験勉強をするのが難しそうなら、高卒認定試験を目指せる『高卒認定予備校』を利用するのも一つの手です。

高卒認定予備校は全国にいくつもありますが、ズバット通信制高校比較では、高卒認定予備校の資料を無料で請求することができます。

高校を辞めた後の進路はものすごく沢山あります

高校を辞めたからってお先真っ暗ではないですよ。進路はいくらでもあります。

高校中退したって大学へ進めば最終学歴は大卒になりますから、就職活動時にも問題とはなりません。

だいたい、高校卒業した18歳と高校中退した18歳に能力の差なんてほとんどないのです。(※どこの高校の生徒かによる能力の差が大きいです)

今からちょっと頑張れば挽回できます。大学も専門学校も就職先も選びたい放題です。

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-高校中退した人向け

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.