中学生向け 高校在学中の人向け

発達障害に理解のある通信制高校とサポート校について

更新日:

注意欠如・多動性障害(ADHD)や学習障害(LD)、HFA(高機能自閉症)があって、進学に悩むお子さんは沢山います。

しかし、発達障害の理解はまだまだ十分ではありません。近年は約2~3%の割合で学習障害の傾向がみられますが、周囲の理解がないために全日制高校に進学しても付いていけなくなってしまう例は非常に多いです。

発達障害を持つあなたに進学先として考えて欲しいのが通信制高校です。

文部科学省の推定では、通信制高校に通っている生徒の14%が発達障害等困難を持っているというデータもあります。

このページでは、発達障害に理解のある通信制高校・サポート校を紹介します。

明蓬館高等学校の発達障害の取り組み

全国広域通信制高校の『明蓬館高等学校』では、発達障害の診断を受けられ方や、診断は受けられていないが、それらの傾向があると思われるお子さんの入学相談を受け付けています。

個別的指導計画によって対応しており、発達障害に対する理解ある校内環境づくりに努めている学校です。

万が一、入学許可出来ない場合でも、検査・診断・他校への紹介してもらえるそうです。

【明蓬館高等学校の特徴】

  • スクーリングは年1回(4日~)でOK
  • 毎日通えるコースあり
  • 一斉テストなし

KTC中央高等学院の発達障害への取り組み

発達障害に理解のあるサポート校として紹介したいのが「KTC中央高等学院」です。

KTC中央高等学院では軽度発達障害を持つ子供たちをスペシャルタレント(ST)と呼び、全ての子どもたちを肯定的に受け止め、個性や内なる資源を最大限尊重している学校です。

2~3か月に1度、不登校の生徒を持つ保護者の方や学校の先生方と一緒に、その解決に向けて話し合っていく講座が新宿キャンパスで開かれています。軽度発達障害に関する講座も開催されています。(全国の保護者の方 全国の学校の先生方へ - KTC中央高等学院

全スタッフがカウンセリングの訓練をしていますので、一度資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

KTC中央高等学院は屋久島おおぞら高等学校の指定サポート校です。KTC中央高等学院に入学すると同時に屋久島おおぞら高等学校にも入学し、屋久島おおぞら高等学校を卒業することになります。

【KTC中央高等学院の特徴】

  • 全スタッフがカウンセリングの訓練をしている
  • 発達障害を持つ生徒への個別対応あり
  • 屋久島おおぞら高等学校の指定サポート校

>>KTC中央高等学院の資料請求はこちら

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-中学生向け, 高校在学中の人向け

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.