サポート校

技能連携校はどういう施設?サポート校との違いを説明します

投稿日:

通信制高校と関わりの強い『技能連携校」について説明します。専門学校のような施設ですが、サポート校と似ている点もあります。

通信制高校や定時制高校に在籍する生徒が、各都道府県の教育委員会の指定する技能教育施設で教育を受けている場合、その教育施設における学習を在籍している通信制高等学校における教科の一部の履修とみなす制度のことをいいます。(学校教育法55条)

技能連携制度は働きながら高校教育を受けている人の負担を軽減させる目的で始まった制度です。専門的な技術を学びながら高卒の資格を得られるため、専門学校に近い性格があります。

技能連携校として指定を受けている教育施設は下記の基準を満たしています。

  • 修業年限1年以上
  • 年間指導時間数が680時間以上
  • 教員の一定人数以上が高等学校教諭の免許状を持っている

技能連携校で授業を受けて学んだことは、通信制高校の卒業に必要な単位の半分まで認められます

技能連携校とサポート校の違い

技能連携校とサポート校の違いとして注目したいのは下記の3つです。

  • 技能連携校で学んだことは通信制高校の単位として認められる
  • 技能連携校は週5日登校しなければいけない
  • 技能連携校は都道府県教育委員会の指定を受けており、学割や奨学金を受けられる(サポート校は無認可の教育施設)

サポート校は学校教育法上の認可がない無許可の教育機関ですから、学割や奨学金などはありません。

通信制高校と提携しているとはいえ、サポート校で学んだことは単位として認められません。通信制高校のスクーリングをサポート校で受けられたり、分からないことを質問できる程度にとどまります。

技能連携校は都道府県教育委員会の指定を受けており、通信制高校を卒業した時点で高卒資格と教育施設の修了資格を得ることができます。

就職してから役立つ知識を学びながら高卒の資格を得たいなら、通信制高校+技能連携校が良いでしょう。

サポート校と違って週5日登校しなければなりませんから、不登校に悩んで通信制高校を選択した人には厳しいと思います。

通信制高校の資料を無料で取り寄せるなら

ズバット通信制高校比較

  • 通信制高校・サポート校・高卒認定試験予備校の資料が請求できる
  • 資料を沢山請求できるので学校選びに失敗しない
  • 学校ごとの学費を比較できる
  • 資料の請求はすべて無料です
  • 学校の説明会、体験入学、見学会、イベントなどの情報を掲載している

-サポート校

Copyright© 通信制高校のススメ , 2018 All Rights Reserved.